HOME > クレアソウルの取り組み > トランドラン~SNSを活用した韓国での情報発信~ > トランドラン

トランドラン~SNSを活用した韓国での情報発信~

  • 富山県立山町/第3回
  • 布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)で心を癒される
  • 2020-06-03 投稿
  • こんにちは。富山県立山町です。
    立山町は、3,000m級の山々に囲まれ、豊かな文化が育まれてきました。
    芦峅寺(あしくらじ)で行われる神秘の儀式、布橋灌頂会。
    女性の極楽往生のための儀式です。
    今回は、儀式のメインイベントである橋渡りの後編を紹介します。
    布橋をこの世とあの世の境目に見立て、橋を渡ります。 


    안녕하세요! 도야마현 다테야마마치(富山県立山町)입니다.
    다테야마마치는 3,000m 급의 산들로 둘러싸여 풍부한 문화가 형성되어 있습니다.
    다테야마마치의 아시쿠라지(芦峅寺)에서 열리는 신비의 의식 누노바시칸조에 (布橋灌頂会).
    여성의 극락왕생을 위한 의식입니다.
    이번에는 의식의 메인 이벤트인 다리 건너기의 후편을 소개합니다.
    누노바시(布橋)를 이승과 저승의 경계에 비유해서 다리를 건넙니다.
     


    この世を去る
    荘厳な雅楽が響く中、3本の白い布が敷かれた赤色の橋を、目隠しをした死装束の女性たちが渡る。
     
    死後の極楽往生を祈る
    目隠しをした女性たちは祈り続ける。悪人は布橋を渡りきることができず、墜落するといわれている。
     
    赤色が映える布橋
    布橋の下を流れる川は、あの世と現世を分け隔てる川と言われている。 
     
    ただひたすらに祈る
    目隠しの暗闇の中、女性たちはただ橋を渡りきることを祈り、歩み続ける。生命の輝きを感じる。