HOME > クレアソウルの取り組み > トランドラン~SNSを活用した韓国での情報発信~ > トランドラン

トランドラン~SNSを活用した韓国での情報発信~

  • 富山県立山町/第2回
  • 布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)で心を癒される
  • 2020-06-02 投稿
  • こんにちは。富山県立山町です。
    立山町は3,000m級の山々に囲まれ、豊かな文化が育まれてきました。
    立山町の芦峅寺(あしくらじ)で行われる神秘の儀式、布橋灌頂会。
    女性の極楽往生のための儀式です。
    今回は、儀式のメインイベントである橋渡りの前編を紹介します。
    岸の対岸をあの世に見立てて橋を渡ります。
     

    안녕하세요! 도야마현 다테야마마치(富山県立山町)입니다.
    다테야마마치는 3,000m 급의 산들로 둘러싸여 풍부한 문화가 형성되어 있습니다.
    다테야마마치의 아시쿠라지(芦峅寺)에서 열리는 신비의 의식 누노바시칸조에 (布橋灌頂会).
    여성의 극락왕생을 위한 의식입니다.
    이번에는 의식의 메인 이벤트인 다리 건너기의 전편을 소개합니다.
    강 건너를 저승으로 보고 다리를 건넙니다.



    3本の白い布が敷かれた布橋(ぬのばし)
    布橋灌頂会の開催時のみ、橋の上に3本の白い布が敷かれます。あの世につながる白い道を表現しています。
     

    布橋を渡る前の準備
    女性たちは目隠しをして、編み笠をかぶる。白い着物は死装束を意味し、橋の対岸にある死後の世界に向かう。
     
    祈り
    100人以上の女性たちが雅楽の荘厳な音が響く中、あの世に向かう。
     
    死後の世界へ
    1873年まで女性は霊峰立山に立ち入ることが禁止されていた。布橋灌頂会は、女性の極楽往生のために営まれた儀式。